oureee

















        ouu










FX取引だけで生活できるの?

定義としてデイトレーダーとは、FX等取引を行うことで利益を生み、生活している人のことを指します。多額の手持ちが必要ですが、上手く利益を生み続ければ、その利益だけで生活を行うことが可能です。

難しい道ですが、普通に働くのが嫌な方は、狙ってみてはどうでしょうか。デイトレーダーを続けるには、まずそれなりのお金が必要です。

10万円から儲けを出すには余程のことが無い限り無理なので、最低50万くらい用意しておくといいでしょう。取引には海外のFXを使うことが多いそうです。国内のFX口座ではレバレッジ規制が行われており、倍率を上げることが出来ないからです。

そのため多くのデイトレーダーは、海外のFX口座を使って取引する傾向があります。国内のツールを使っている方も当然います。自分で始める場合は、使いやすいツールを持っているFX会社を選ぶといいでしょう。こちらから解説をどうぞ。

hourererePepperstoneの最大の特徴を紹介しましょう。それは世界各国のForex業界の中でも最狭水準のスプレッドの提供です。たとえば、スタンダードアカウントの場合、米ドル/円なら1.0pips~1.7pips。ユーロ/米ドルで、0.5pips~1.8pips。英ポンド/米ドルで、1.0pips~2.2pips。これでも水準としては十分狭いのですが、驚いたことに、「RAZORアカウント」なら、さらに、なんと、米ドル/日本円で0.1pips~1.2pips、ユーロ/米ドルで0.1pips~1.0pips、英ポンド/米ドルで0.1pips~1.1pipsという、かなり狭いスプレッドとなります。

狭さを売りにしている日本国内の業者以上の、脅威の低スプレッドです。Pepperstoneは、変動スプレッドです。しかし、スプレッドが安定しているというのが大きな特徴です。重要な経済指数が発表されて激しく取引が集中するような時間帯、逆に市場が活発に動かない時間帯でも安定しているというわけです。
huuuu24optionのサイトを見てみると、言語の種類が豊富なことがわかります。グローバル運営をしているので、対応可能な言語は、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国 語といった数多くの言語が選択できます。もちろん日本語環境もありますので、サイトにアクセス後、英語で表記されていた場合は、サイト上部に用意されている言語タブから日本語の選択が可能です。

英語からダイレクトに機械翻訳されたようなわかりづらいフレーズもなく、自然な日本語表記のサイトになっているので、見やすいでしょう。。また、24optionはWEB上で閲覧可能なので、パソコンにダウンロードする必要もありません。WEB上でパスワードを入力しログインすればアクセス可能です。

24optionでは、日本人の利用者向けに、日本語サポートスタッフを常時4人から5人配属しています。更に使いやすい機能やサービスを提供するために、日々サービスの向上に努力しているのです。日本人を含めた日本語サポートスタッフが、何か問題がある場合などの対応するので、安心して日本語サポートを利用できます。電話やメール、ライブチャットといった機能も、すべて日本語で利用できるので便利です。
kiアイフォレックスのユニークなサービスの1つに「専門家から電話での投資アドバイスを受けて、それをもとに売買注文ができる」ことがあります。このサービスは、特にビギナー投資家の人にはおすすめのと言えるでしょう。

そしてビギナーからベテラントレーダーまで、誰でも使いやすい取引システムを用意しているは、アイフォレックスの良い所です。アイフォレックスでは、オリジナルのFXnet Traderを用意しています。詳細なテクニカルチャートやスピーディーに注文できる機能が搭載されている他、高いカスタマイズ性も備えています。これは安定的な動作を保証するためにダウンロードになっていますが、外出先からのチェックのためには、ウェブブラウザ型のFXnet Viewerも用意しています。
buiwTradeRushの魅力の一つとして、豊富な取引銘柄が挙げられます。一般的なバイナリーオプションでは外国為替を取引しますが、、TradeRushではその他にも、金や原油などのコモディティ指数、ダウ平均株価、世界的にも有名な企業の株式など、様々な金融商品での取引が可能です。また、ドル以外の通貨にも対応していて、幅広い外国為替取引も楽しめます。

TradeRushの取引ツールは、ダウンロード不要のプラウザ型です。WEBサイトにアクセスしてログインすればすぐに取引を開始できます。取引用のパソコンにツールをインストールする必要がないので、インターネット環境さえ整っていれば自宅以外の場所でもトレードを行えるという利点があります。

TradeRushは、口座開設の早さにも定評があります。日本国内のFX業者と違って、わずらわしい書類の提出は必要ありません。インターネット上で必要事項を入力するだけで手続きが完了します。あとは口座に入金すればいつでも取引を開始できます。TradeRushのWEBサイトにアクセスしてからものの数分程度でバイナリ—オプションの世界に入門できるのです。


会社を選んだら、次は色々な情報を手に入れるための手段を確保します。デイトレーダーが勝ち続けるための最大の武器であり、魅力の1つです。

あらゆる証券会社から情報を確保して、取引につなげます。チャートを分析するソフトを利用し、この後の動きを読みます。自信のある動きを見せたら、そこで大きな注文を行い、予定通りに動けば利益を出すことができます。

これを続けることによって、1日で10万円以上を超える利益を上げ続けるのです。1日10万も増えれば、生活するのに問題のない資金でしょう。

人によっては、年億単位の利益を上げる人もいます。税金を払う必要がありますが、1度成功すれば相当な貯金を作ることが出来るでしょう。

とにかく利益を上げるために、複数のパソコンを使用して、沢山のFX会社を利用する人も多くいます。今のパソコンでは、FX会社の取引ツールを複数起動することが難しく、スピードが落ちてしまうと取引に支障を与えます。

そのため目的ごとにパソコンを分散して使います。その全てを見ながら、注文のタイミングを伺います。

パソコンに慣れている人なら、1台でも十分に出来ると思いますが、より多くの会社と取引をするなら、複数台必要だと考えてください。あなたもデイトレーダーを目指すなら、まず形から入りましょう。

とにかくFX等の証券取引に慣れること、そして金融商品の動きを知ることが大切です。上手く利益が出るようになったら、後はそれを繰り返すだけです。1,000万以上の収入も夢じゃないのが、デイトレーダーの魅力かつ最大の利点です。この大きな収入を生み出すためには、それだけの知識を身につける必要があり、それを実践できるかが鍵を握ります。

副業の税金

副業をしている方にとって今のシーズン、気になることが税金、つまり確定申告です。
しかしネットで収入を得ている方にとってはその辺曖昧なこともあり、実際にはどうなのか知りたいところです。副業自体の枠を理解する必要があります。副業は本業以外の収入が発生する仕事のことを指し、通常の給与所得や事業所得のある人、つまり本業以外の収入を得ている方に対しては原則確定申告が必要になります。ちょっとした収入においても確定申告において気にする必要があります。

フリーマーケットやアフィリエイトに対してもお小遣い稼ぎのつもりで副業収入があれは、条件によっては確定申告をしなければならないこともあります。副業の種類も様々あり、課税制度においては総合課税制度の考えに基づき、原則として総収入に対して課税されます。税制上においては副業という言葉がなく、所得の種類によって課税方法は異なってきます。

一般的な会社員やパート社員に対しては給与所得と言われ、個人事業主に対しては事業所得と言われます。マンションや貸事務所、駐車場などの不動産のオーナーに対しては不動産所得と言い、株や金融商品などの売買、譲渡においては譲渡所得と言われます。

そしてフリーマーケットやアフィリエイト、ネットオークションなどの収入においては雑所得と言われます。インターネットからの収入に対しては通常生計を立てるほどでない規模の認識があるために、これを雑所得として見られ、副業として始めたことの収入金額が本業を上回るほどの規模であれば事業所得として見なされます。

通常これらの副業はすべて自ら申告することになっており、税務署から指摘されるわけでもありません。正しく確定申告することの納税義務は全ての方にあることを忘れないようにします。

儲かったからで終わるのでなく、申告するまでをして始めて収入を得る様になります。雑所得と事業所得の境界線に対してはどちらかを選択する形になります。明確な基準はなく基本的な考えとしては一定の規模の収入が継続的にある場合、ケースバイケースで選ぶようにします。

もし、不安なのであれば、税務署に確認する事も大事です。後で税務署に指摘され、修正申告を避けることにもなります。支払う税額にもよりますが、雑所得、事業所得を比較する場合、どちらも経費は認められて所得から引くことが可能です。

事業所得の場合はサラリーマンであれば、給与所得と合算した所得から引くことが可能であり、これを「損益通算」と言います。副業単体で赤字になる場合は事業所得の方が支払う税金を抑える事も出来ます。


houw


















hoiere