oureee

















        ouu










チャート図とFX

hourere FXは、外国為替市場の為替相場を舞台に、通貨の売買を行って利益を求めていく投資取引です。
具体的には、2つの異なる通貨を一組のペアとし、これを売り買いしていくのですが、この時に利益を生み出すものが為替相場になります。
例えば、100円で1ドルを買ったとします。円をドルに換えて持っているこの状態で、為替相場が変動し1ドル150円になったら、このドルの価値は、さっきよりも50円上がったことになりますので、ここでこのドルを再び円に換えると150円が手に入り、差し引きで50円の利益が出ることになります。

このように、FXで利益を上げるためには為替相場のレート変動を読んでいくことが必要不可欠になってきます。
為替レートの変動を分析していくために、FXではチャート図と呼ばれるものが良く利用され、こうしたチャート図などを使って、為替レートの値動きを分析することを「テクニカル分析」と呼んでいます。
テクニカル分析のメインともいえるチャート図とは、過去の為替相場の情報を図表化してまとめ、分析したい案用に適した形に表した図面で、これらを見ることでそれまでの為替レートの変動から今後の相場の動きの傾向を探っていくことができるのです。

チャート図などには、その用途によりいろいろな物があります。例えば為替レートの値動きの傾向であるトレンドを分析するものや、そのトレンドが反発し逆の値動きに変わるポイントを予測するもの、また、現在の為替相場の雰囲気が売り気配なのか、それとも買い気配であるのかを数値的に表して判断できるものもあるのです。

その中でも代表格とも呼べるものが、ローソク足と呼ばれるチャート図になります。
これは、任意の期間の始値、終値、高値、低値の四つの点を線で結んだもので、その形がローソクに似ていることからそう呼ばれています。
このチャート図では、その範囲の値動きが図形として視覚的に分かるために、今後の為替レートの値動きを素早く予測することができるのです。

こうした様々なチャート図や指標を多角的に用いていくことで、為替レートの分析と予測の精度は上がるため、FXで利益を上げ損失を避けて投資を続けていくためには、ぜひとも身につけることをお勧めします。


houw


















hoiere