oureee

















        ouu










異なる通貨間の金利差

jourerFXはForeign eXchangeという英語の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」もしくは「外国為替保証金取引」と呼ばれています。*解説はこちらが使えます。

外国為替を扱う金融商品には「外貨預金」もありますが、FXはレバレッジという仕組みを利用することで、預けたお金(証拠金)以上の取引ができ、大きな利益を期待できるのが特徴です。

FXを始めるには、証拠金やレバレッジ以外に最低限理解すべき言葉として、スプレッド、ロスカット、スワップポイント、マージンコールがあります。これらの言葉を理解すれば初心者でも最低限取引可能ですが、なにより、これらの基本をしっかり抑えておくことが、FXで利益を得るための近道となります。

●レバレッジとは

FXが個人投資家から注目を集めているのは、レバレッジにより少額な資金でも大きな取引ができるからです。日本では、FX業者に証拠金として一定の金額を預けることによって、最大25倍の取引が可能になります。

出典: インザマネー.com

(レバレッジの図)

上記右図のように、5万円をFX業者に預けると最大125万円分の取引が可能になります。つまり、外貨預金では5万円預けても5万円分の為替差益しか得られませんが、FXの場合、125万円分の為替差益を得られることになります。

例えば、FX業者に拠出金として5万円を預けたときの為替レートが、1ドル=100円だったとします。レバレッジを利用して1万通貨(100万円で1万ドルを買う)の取引を行えば、為替レートが1ドル=103円になった場合、3万円の為替差益が得られることになります。つまり、5万円の資金で3万円もの利益を得たことになります。

ロスカット

もちろん、逆に為替相場が1ドル=97円に動けば3万円の損失になります。そのため、FXではロスカットというものが設定できます。例えば1万円以上の損失が出たら決済するというロスカットを設定をしておけば、損失を最小限に抑えることができます。iForexではこれが徹底していて無用なロスを出す必要がありません。

●スワップポイント

スワップポイントとは、異なる通貨間の金利差のことです。

各国の金利は、金利政策や経済成長率、物価上昇率などで大きく異なります。2013年現在、日本の政策金利は0.1%で推移してますが、南アフリカ共和国では平均で5%もあります。単純計算で、100万円を日本に預けても利息は1000円ですが、南アフリカでは5万円にもなります。

この各通貨の金利差を利用するのがスワップポイントです。

つまり、日本円で南アフリカの通貨を100万円分買えば、金利差は4.9%なので、1年間預けると4万9千円増えたことになります。FXではこれを日割りで受け取ることができますので、1日当たり134円の利益になります。

ただ、スワップポイントで注意すべき点は、為替レートの影響を受けることです。現在、南アフリカの通貨1ランドは10円程度ですが、仮に1ランド=9円と円高に進んだ場合、元金が90万円になってしまい、せっかく金利を受け取ったとしても、トータルでマイナスになってしまいます。

逆に言えば、現在のような円安基調のときがスワップポイントを狙うのには適しており、金利に加え、為替差益を得ることもできるのです。

以上のようにFXで利益を出すには、為替差益とスワップポイントの2種類があることを覚えておきましょう。


houw


















hoiere